「小学校を中退したエジソンは、可能性の卵でした。」 私たちは、エジソンを育てた母ナンシーの心で、子どもひとりひとりの可能性を信じます!

数々の発明などで知られるトーマス・エジソンは、アスペルガー症候群だったと言われています。
子どもの頃は、授業の途中で疑問が浮かぶと先生を質問攻めにし授業が中断するなどのことがあったそうです。そのため彼は小学校を退学させられてしまいます。
しかし教師でもあったエジソンの母ナンシーは、「この子は天才だ!」と信じて、家庭で教育を続けていきました。

教育は形式ではありません。子ども一人ひとりの個性を抑えこむのではなく伸ばし育てていくことだと考えます。
わくわく楽しいことから、子どものそれぞれの未来は、芽がのびやがて花開いていきます。

私たちはナンシーのように子どもの未来の可能性を追求していくこの場所を「わくわくエジソン」と名づけました。
この場所から、未来のエジソンがでてくることを信じて。

あべの帝塚山教室

ふくしま鷺洲教室

まずは、施設をご覧ください。施設見学のお申し込みは電話、またはインターネットからお問い合わせ・お申し込みください。06-6454-0172またはメールフォームから。
このページの上へ戻る